今月・来月以降の展覧会

10月 9日(月)~10月14日(土) 

羅介の福童子染付器てん

 

滋賀県在住の絵付け作家、山本羅介(やまもとらかい)氏の個展。

山本氏は童子などを細やかに描きます。

筆で陶器に描く!限界まで描く作家です。

美しい線に動きが加わり、陶器が使ってうれしく、楽しい器に変身してゆきます。

久々の川西での展示です!

 

10月16日(月)~10月21日(土) 

着物地創作服 展 <布あそび> 佐田敬子

 

宝塚市在住のリメイク作家。

着物地・柄のの良さを十二分に生かし、おしゃれで着心地の良い洋服に生まれ変わらせます。

熟練した技法の持ち主でシルエットの美しさは何とも言えません。

柄えらびも素晴らしく、愛おしく思える衣装になります。

 

10月23日(月)~10月28日(土) 

渡部康子 作品展

<たいちゃんとはっぷりけ>

 

宝塚市在住の作家。

創作アップリケの世界で幅広く活躍。

古い木綿布を絵具にみたて、静物・動物をじっくり見て写生し、温かい独特の芸術に創り上げます。

今回渡部氏の孫が名付けた「はっぷりけ」として初めて発表します。

「はる」ーと「あっぷりけ」が結びあわされた、世界で一つの言葉です。